つづる手、つなぐ~家政夫さんと私 著者:光晴ねね

 

種別:白黒
ジャンルキーワード:ずぼら女子 作家 家政夫 同居 日常

。o○。o○゚・*:.。. .。.:*・゜○o。○o。゚・*:.。. .。.:*・゜。o

「私は一人で大丈夫」
辛い状況から抜け出すため悩みもがき続けた彼女に手を差し伸べてくれたのは…

“一発屋の作家”と呼ばれる小説家の育(いくみ)は、じり貧生活で創作活動に没頭中。
そんな育の作品を待ち続けてくれている担当編集者・尾道の期待に応えようとプレッシャーの中で一人戦う彼女の元に現れたのは
――長身イケメンの家政夫(ハウスキーパー)!?

「おかえりなさい、育先生」
突然現れた家政夫の蓮治を怪しみ、彼を追い返した育は再び執筆に没頭するも、また無理をして倒れ右手を負傷。
尾道の強い勧めもあり、「右手が治るまでなら…」と蓮治の世話になるが…!?

――小説家と家政夫の不器用な“ほぼ”同居生活がスタート!

 

▼販売サイト